2015 July 14

ディレクター川端真之のご挨拶

スペシャル

皆さま、はじめまして。

「セブンスドラゴンⅢ code:VFD」ディレクターの川端真之です。

前作「セブンスドラゴン2020-Ⅱ」では開発全体のサポート、
「セブンスドラゴン2020」ではバランスチェックのサポートを
務めさせていただきました。

前作の発売から約2年と、大変お待たせしてしまいましたが、新作を発表することができ、言葉にならないほど嬉しく思っています!

せっかくなので本作のポイントを3つお伝えしてご挨拶に代えたいと思います。


1)本作からはじめてプレイされる方も楽しめます!
物語としては、これまでの世界を引き継いだ最終章となりますが、初めての方も安心して楽しめるような内容になっています。

またゲームシステム自体もシンプルで、難しい要素はありませんのでこちらも安心して楽しめると思います!


2)シリーズ最大ボリュームのキャラメイク!
キャラメイクやパーティ編成が楽しめるというのはRPGの大事な要素だと考えていますので、ここには注力しています!

パーティ編成に縛りはありませんのでいろんな編成を楽しんでみてください!
本作は3人×3ユニットの9人パーティ制を採用しています。全ての職業を一度に楽しんでも良いと思いますし、9人全部サムライでも楽しめます。

もちろん今作も「奥義」を用意していますのでご期待ください!


3)新たな試み「9人バトル」!
本作は前作同様、基本は3人バトルです。
でもせっかく職業もたくさんあるしもっといろんなことがしたい!というご要望に向けての新要素、それが9人バトルです。

ダンジョンでは3つのユニットを入れ替えながら進むことができますし戦闘では後衛の2つのユニットを有効に使って、回復を後衛にまかせ前衛は火力に特化する、という戦略も可能です。

もちろん後方に頼らず3人で突き進むこともできます!
3人バトルは緊迫感があって面白いけど、選択できる行動に余裕がないし…
という悩みに対するひとつのご提案です。ぜひ体験してみてください!

既報の通りセブンスドラゴンは、本作からセガゲームスの内部制作で開発を進めることになりました。

シリーズ4作目にして、大きな舵を切りましたがセブンスドラゴンの魂のようなものは、必ず感じていただけると思います。

それは、三輪士郎さん、古代祐三さん、sasakure.UKさんをはじめとする前作にもかかわった本当に多くの関係者の方々のご協力をいただけたことや、続編を待っていてくれた皆さまの声に支えられたからだと思っています!

おかげさまでシリーズの軸となるたくさんの魅力的な要素を引き継ぐことができたと感じています。

本作で、これまで続いてきた人と竜の物語はいよいよ最終局面を迎えますが「セブンスドラゴン」シリーズとしては「新たな一歩」を踏み出します。

セブンスドラゴンシリーズの新たな一歩を一緒に踏み出し、そして楽しんでいただければ幸いです。

どうぞ、よろしくお願いいたします!!

「セブンスドラゴンⅢ code:VFD」ディレクター 川端真之